不動産屋へ相談をする【憧れROOMサーチ】

飼育者の家賃は不変

家賃はペットを飼育していても高くならない

ペットの飼育が可能な賃貸マンション不動産物件はみんながペットを飼育してるということではないです。 そして絶対にペットを飼育しないといけないと言う形ではなく、ペットを飼育したい方は飼育してもいいということです。 ペットの飼育が可能な賃貸マンション不動産物件にはペットを飼育するのかしないのかなどについては、借りた方によって決めることになります。 そしてペットを飼育したからといって、家賃が高くなるということではないです。 家賃などは普通に住んでる方とも一緒ですが、はじめに支払う敷金が普通のペットを飼育してない方とは違った金額になってることがあります。 普通の方に比べると、敷金は高く設定されています。 賃貸マンション不動産物件の敷金ははじめに不動産会社で払う金額です。

敷金が普通よりも高い

通常の住居の場合の敷金の場合は、普通は家賃の二ヶ月ほどの費用でいける場合も多いですが、ペットを飼育してる賃貸マンション不動産物件の場合になると通常よりも多い三ヶ月分などの所もあります。 敷金がはじめに支払うことになっていて、その敷金を使って住民の方が退去するときの部屋の原状回復などに使われます。 ペットを飼育していると、どうしても傷がついてしまったり、汚れたり、においがついてしまったりすることが多いです。 そういったことが起こってしまうと、原状回復には少し費用がかかってきてしまいます。 だからはじめにペットを飼育してるとおおめにもらっておくことによって、後で追加で支払うとなると支払いに大変な作業になるので、はじめにもらっておきます。