不動産屋へ相談をする【憧れROOMサーチ】

退去するときのルール

原状回復をして退去する

賃貸マンション不動さん物件の場合は、退去するときには、部屋を原状回復して大家の方に部屋を明け渡さないといけないです。 だから退去のときに汚れや、傷などが多かったりすると、原状回復のために多くの費用がかかってきてしまったりします。 その費用として使うことになるのが敷金になります。 賃貸マンション不動産物件の敷金というものは、家賃を支払わないで何ヶ月も滞納してしまったときのために使われたり、一般的には、部屋の原状回復のために使われることがほとんどです。 だからその費用などをはじめの敷金として支払っていくことになります。 ペットを飼育してる場合は特に部屋が汚れてしまったり、傷をつけてしまうことが多いので、敷金として多めに支払います。

費用がかからないようにきれいに使う

通常の住民が賃貸マンション不動産物件での敷金は通常家賃の二ヶ月分などが普通です。 しかし、ペットを飼育してる場合は、賃貸マンション不動産物件の家賃の三か月分というかたちになっています。 そしてその敷金は原状回復に使われますが、きちんときれいに使用してた場合は、敷金は使われることなく返還されます。 その逆では、敷金を超えるほどの修復などがあった場合には、後で追加で支払いが追求されることになったりもあります。 だから余計に支払ったりするとなると、引っ越しにも費用がかかってくるので、大きな負担になりますので、できるだけ退去のときに費用がかかってこないように普段の生活の中で気をつけて汚さないようにしておくことが大事です。